Q、お家の塗り変えの周期はどれくらいですか?

A、現在の壁の状況にもよりますが、一般的に木部は3~5年外壁は8~10 年が塗り替えの目安になると言われています。
一番の目安はチョーキング現象といって、外壁を手でこすって確かめる方法があります。
名前の通りチョークの粉のようなものが手に付けば塗料が劣化した証拠で、塗料の耐久性が少なくなってきていると思われますので早めの塗り替えをお勧めします。
 

Q、業者によって価格がちがうけれど何がちがうのですか?

A、塗装工事では、家それぞれの形状や傷み具合が異なるので、定価をつけることはできません。
価格は、大まかにいうと「材料費+人件費」になります。
営業さんがいるところではその人件費がかかりますし、下請けに出しているところだとマージンも発生します。
また、塗り替え工事は、下地処理が大切でとても手間がかかります。
出来上がり直後の見た目の差は、わかりにくいですが、すぐにはがれるなどのトラブルがおきてきます。そのため値段が安すぎるところ、すぐに大幅な値引きをするようなところは、その下地処理をはぶき、工事日数を短くして人件費を減らすため、手抜き工事になる場合が多いのです。
重要なのは、施工内容に見合った金額なのかということです。
 

Q、使う塗料によって見積もりにどのようなちがいが出るのですか?

A、塗料の耐久性は、価格に比例します。
しかし高価な塗料がすべてのところに適しているともかぎりません。適材適所を見極めてご提案していく事が、私たちの務めだと思っています。
価格が高くなると耐久性が増すので、トータルな面を考えると価格の安い塗料を使われるよりもお特なのかもしれません。
 

Q、雨もりしていなかったら塗り替えをしなくても大丈夫なのですか?

A、雨漏りしていなくても室内に滞まっている事があります。支柱や梁などの木材を腐らせてしまった場合、補修するのに大変な費用がかかってしまいます。
屋根の雪のすべりが悪くなってきた時は、塗料がはがれてきている目安の一つですので、大切な資産を守るためにも早めの点検・修理をお勧めします。
 

Q、最近、住宅で使われている科学物質がシックハウスを引き起こす原因の一つといわれていますが、安全性はどうなんですか?

A、シックハウスの原因になっているのはVOC(揮発性有機化合物)ですが当社で取り扱いの内装塗料ノボクリーンシリーズとアレスシックイはVOCを含んでいないので安心してご利用いただけます。
 

Q、ぺイントのニオイで気分が悪くなったことがありますが…

A、気分が悪くなるニオイの原因はシンナーやキシレンの溶剤です。
最近は塗料の開発も進んでいてインテリア用のペンキは水性でほとんどニオイを感じません。
VOCをほとんど含んでいないペイントは、ニオイに悩ませられることがないので、ペイントしたての部屋で普通通りに生活していただけます。
 

↑ページTOPへ

黒崎塗装店のブログ Q&A(よくある質問) 黒崎塗装店のツイッター
    黒崎塗装店のツイッターへ