スタッフ紹介

当社のスタッフをご紹介いたします。

代表取締役社長 黒崎友道

私達黒崎塗装店のホームページをご覧いただきありがとうございます。
夕張で夜間の高校に通いながら父の元で修行をして以来ずっと一筋で塗装の仕事をしてきました。
 昭和35年に札幌で独立した時には、妻と二人三脚で自転車に材料を積んで現場から現場へと走り回ったことを昨日の事のように思い出します。
お客様をはじめ、従業員や多くの人たちに支えられてここまできました。
今までの間にたくさんの思い出と出会いがありました。
中でも印象深かったのは、
親御さんから娘さんに家を譲られたお客様がいらっしゃいました。塗り替えの時期に他の業者に見積もりを出していた娘さんに、親御さんは「塗り替えは必ず黒崎さんでお願いをしなさい」と話してくださり、2世代に渡って私共で仕事をさせていただいたというエピソードがありました。この時は本当に仕事を続けてきてよかったという思いで胸が熱くなったのを覚えています。
 こうした1つ1つの思い出を積み重ね、工事の後もずっとお付き合いさせていただいているお客様が多くいることが、密かな誇りになり仕事をはなれられない理由にもなっています。
世代から世代へと受け継がれる家だからこそ大切に扱い、将来を担う子供たちのために、未来と続く環境作りにも力を入れてまいります。
これからもよりいっそうお客様に必要とされる会社を目指し共に歩んで参りたいと思っております。
 

工事部長 山村保彦

黒崎塗装店に入社して28年になります。
黒崎社長をはじめ、色々な職人さんに仕事を学びました。見習いの頃、社長のハケさばきを見て感動して以来、日々勉強の毎日です。
社長から教えられたのは、
「正直な仕事をする事、お客様の話をよく聞く事、お客様に心から喜んでいただいて、また頼まれる仕事をする事」です。
これからも社長から学んだことを忘れず親切丁寧に施工していきます。私が学んだ事を少しでも後輩に伝えて、若い人たちとまだまだ成長していきたいと思います。
これからも皆で力を合わせ新しい塗料(環境塗料・断熱塗料・遮熱塗料)などさまざまな塗料に対応できるように技術を習得していきます。そしてお客様に心から喜んでいただけるように頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。
 

岡村鋭二

36歳でこの業界に入りここで一から教えてもらいました。
「手抜きをしない正直な仕事」という社長の言葉通り、厳しい事や落ち込む事もありますが、納得のいく仕事が出来た時の充実感は、黒崎塗装店に入らなければ叶わなかったと思います。
黒崎塗装店は昔から職人同士の仲がよく、チームワークを大切にしています。若い人たちと力を合わせて新しいことにもチャレンジしていきたいと思っています。
お客様にどのようなことでも気軽に質問していただける様に、あいさつやコミュニケーションはしっかりと行い、何年後また工事に行っても、自分のことを覚えていてもらえる様な仕事をしていきたいと思っています。
 

辻栄賢也

前職は美容師をしていました。
美容と塗装の仕事はまるで畑違いですが、どちらともきれいにする仕事でお客様から喜んでいただける仕事です。
工事が完成しお客様に「きれいになって気持ちがいいありがとう。」と言われたときこの仕事をしていて本当に良かった。と心から思います。仕事の中ではやはり「塗る」という作業が好きです。毎日が充実しているので一週間があっという間です。黒崎塗装店には尊敬できる先輩がいて社員みんな仲がいいので楽しく仕事が出来ます。お客様に満足いただける仕事を常に心がけて日々精進していきたいです。
 

伊藤直樹

「雨が降ったら休み」というイメージで塗装屋に入りました。
実際はそんなに甘くはなく雨でも仕事があります。新しい技術や塗料の扱い方など毎日が勉強でとても充実しています。
作業では下地を塗ることが一番好きです。はがれた所やサビなどが目に見えてキレイになっていくからです。下地の処理で長持ちするか決まってくるので細かいところも見落とさないように誠実な仕事を心がけていきます。今後もお客様に喜んでいただけるように、そして自分でも納得いくような仕事をしていきたいと思っています。
 

森井俊晴

ハケを持って屋根を塗っている時が一番楽しいです。
忙しい時は休みがなく辛い事もありますが、黒崎塗装店には同年代の仲間がいて、助け合いお互い刺激しあって成長していけるので、今はこの仕事が生きがいになっています。
自分が塗ったものに対してお客様が喜んでくれた時は、心の中でガッツポーズしています。
お客様がお知り合いに「きれいになったねぇどこの塗装屋さんで塗ったの?」と言って頂ける様な、よい仕事を1つでも多く残していきたいと思って日々がんばっています。
 

阪井由紀子

会社の経理やホームページ作成を担当しています。
父(社長・黒崎友道)は私が小さい頃から仕事一筋だったので、あまり遊んでもらった思い出がありません。家族の前で仕事の話をすることはなかったため、私の塗装のイメージは3K(きつい・きたない・きけん)でした。
今回ホームページを作成するにあたって現場へ行ったり、直接お客様の話を聞いたりするうちにこの仕事のすばらしさを知り、きれい・かっこいい・きもちがいいの3Kに変わっていきました。
環境塗料や女性ならではの提案を生かして、地域のお店や情報などもブログでお伝えしていきたいと思っています。
 

↑ページTOPへ

黒崎塗装店のブログ Q&A(よくある質問) 黒崎塗装店のツイッター
    黒崎塗装店のツイッターへ